一石二鳥の裏ワザ

看護師学校に入学予定または在学中の方への裏ワザ情報です。
「病院奨学金」って聞いたことはありますか?言葉から、何となく想像ができるかと思いますが、看護師免許を取得し、看護学校を卒業した後、病院で働くことを条件に、その病院が看護学校在学中に奨学金を支給してくれるというものです。奨学金は、月額5万円というものが多いですが、学生にとっては、その病院に勤めたいのであれば、就職まで約束され、奨学金までもらえるとは、まさに一石二鳥の有り難い話しですね。また、奨学金をもらっていても、卒業後その病院に勤めなかった場合には、奨学金を全額返却することになります。
現在、病院奨学金を行っている東京の病院は、「小豆沢病院」、「板橋中央総合病院」、「IMS(イムス)グループ看護部」、「江戸川病院」、「王子生協病院」、「中野共立病院」、「東京健生病院」、「大泉生協病院」、「徳州会グループ病院」の9つの病院になります。看護学校に入学予定または在学中の皆さんは、これらの病院について、就職先としてふさわしいか確認してみて下さい。もし就職したい病院があるのであれば、奨学金を申請して下さいね。将来も約束され、お金までもらえて、有り難い話しですね。

Copyright(c) 必見!東京の看護師事情 All Rights Reserved.