このサイトについて

東京の看護師求人について徹底解説します。


東京は、看護師が足りない!

看護師の求人案内などをよく目にし、看護師が不足していることはよく聞きますね。実際、厚生労働省による昨年のデータによると、約56,000人の看護師が不足しています。残念ながら、この看護師不足を解決しようと、いろいろ対策がなされていますが、しばらくは看護師不足が続くだろうと言われています。実は、新卒の看護師の数は増えているんですよ。でも、看護師不足の状況が続いている。これは、なぜだと思いますか?そうです。看護師の仕事に就いても、退職者が多いんです。なんと、退職者の数は、新卒の看護師と再就職する看護師を併せた数を上回っています。昨年の退職者の数は、約14万5千人で、新卒の看護師の数と再就職する看護師の数は、約12万人でした。
看護師不足の中でも、東京の看護師不足はかなり深刻です。都道府県別の人口10万人あたりの看護師の割合を見ると、東京は、埼玉、千葉、神奈川に続き、ワースト5です。この事は、首都圏では、1人の看護師が担当する患者さんの数が多くなることを示しています。数字で、この状況を見てみると、看護師が多い県は、人口10万に対して約1400名の看護ですが、東京などの首都圏では、この約半分の約700名の看護師しかいないのです。病院にいる看護師の数が、半分も違うというのは、大きな差ですよ。だからこそ、東京都は、看護師さん確保に躍起になっているのです。
看護師の退職者の1人にならないためにも、東京で看護就職を希望しているあなたへ、東京の看護師求人事情についてお届けします。

関連サイトを見る

管理人運営サイト

新着情報

Copyright(c) 必見!東京の看護師事情 All Rights Reserved.